グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



事業用不動産の益進ブログBlog


後継者問題 閉鎖した工場の活用

この記事をシェアする:

オーナー様は地元で創業50年を超える鉄工所を経営しておられましたが、後継者が不在で、 自らも高齢になったことから、工場の閉鎖を決めたが、残った工場をどうするかは決めかねていました。

そこで、古くからの顔なじみで同業の社長に相談したところ、弊社を紹介して頂きました。
(同業の社長様はDMにて弊社の存在を知り、自身の所有している工場の内、空いた工場の客付け・管理を弊社にご依頼いただきました。)

オーナー様よりお電話をいただいた当日に工場を見せていただき、閉鎖後も工場内を清掃している等、
オーナー様の工場への愛着もいたる所に感じられたことから、手放さず、大切に工場を使っていただける方を探す方向でお話をさせていただきました。

工場の築年数は40年を超えていましたが、クレーン等の設備の状態も良好で、大通りに面していたこともあり、
現地に募集看板を掲示し、 インターネットにも掲載した結果、たくさんの反響がありました。
築年数の割に工場内がとても清潔に保たれていた事もあり、工場を内見したお客様は皆、驚いていました。

そして、ついに大手の製造業様と成約に至る事が出来ました。

弊社では、オーナー様の不動産の価値を把握し、その不動産の地域性、将来性、事業期間、事業計画を綿密に評価、分析を行います。

オーナー様の資産を守り、更なる収益を生む為の最適な不動産の有効活用を、オーナー様の立場になってご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。


建設・不動産業ランキング


石川県ランキング


金沢市ランキング