グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



事業用不動産の益進ブログBlog


除草作業を始めるのに今が最適な時期です

この記事をシェアする:

建物の敷地内や月極め駐車場などに生える雑草は、通常、春頃から夏にかけて成長する為、除草作業は4月頃の春先から始めるのが良いと思われます。

雑草を放置しておくと、駐車や乗り降りの邪魔になるだけではなく、どさくさに紛れてゴミを捨てられたり、稀に車を傷つける可能性もある為、大きなトラブルへと発展する危険性もございます。

除草作業には、手作業や草刈り機、鎌等で雑草を取り除くやり方や、除草剤を散布する方法等がございます。
尚、除草剤には液体タイプと顆粒タイプのものがございます。

除草剤の液体タイプは、そのまま使用できるものと水で薄めて使用するものがございますが、基本的には即効性があり、葉に吹きかければ、薬剤が根に浸透し、全体を枯らす効果があり、既に生えている雑草に有効とされています。

顆粒タイプは、土に染み込んでから効果を発揮する為、液体タイプのような即効性は期待できませんが、顆粒タイプを撒いた場所に雑草が生えるのを抑制する効果があり、これから雑草が生えるのを防止する効果が期待できます。
即効性が無い為、春になる前の冬の間から撒いておくのが良いかもしれません。(製品によっては即効性を期待できるものもございますので、購入する際に必要に応じてお近くの店員様に相談したり、インターネット等で商品の効能等をよく確認する事を推奨します。)

除草作業中は熱中症対策も考慮し、帽子をかぶり、適度に休憩をはさみ、こまめに水分や塩分を補給するように心掛けましょう。

弊社では、定期的な現地の巡回時に必要に応じて、現地の草刈りやゴミの回収をしたり、物件のご案内時に早めに現地へ行き、清掃を行う等、オーナー様とテナント様に良いご縁があるように活動をしております。

現在、テナント様を募集中の物件の敷地内や月極め駐車場内に雑草が生えていたり、不法に投棄されたゴミがそのままになっていませんか?
もし、該当するようであれば、出来る範囲で少しずつでも、草刈りをしたり、ゴミを回収してみてはいかがでしょうか?

雑草やゴミを放置したままの状態だと、なかなか反響が来ないばかりか、せっかくご縁があり、現地をご案内しても、成約に至らなかったり、賃料等の大幅な交渉をされる場合もございます。

現地を綺麗な状態で維持し続ければ、不思議と反響が来たり、良いご縁と巡り合う事もございます。

一度にすべてを片付けようとすると膨大なエネルギーが必要となりますが、
毎日でなくとも、活動できる日に少しずつ現地へ赴き、清掃をするだけでも随分と変わってくるものです。

また、やり始めるのに遅すぎるという事はございません。「思い立ったが吉日」です。

雑草はいつか枯れるし、ゴミはいつかなくなるかもしれないと思って何もしないと取返しのつかない事態となる事もあるかもしれません。

「いつか誰かがする」ではなく、「今、自分が出来る事を今やる」がとても大切だと思います。

月極め駐車場の管理のご相談や遊休化している倉庫や工場についてのお問い合わせはコチラからお気軽にお問合せ下さい。


建設・不動産業ランキング


石川県ランキング


金沢市ランキング