グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



事業用不動産の益進ブログBlog


2024年度に紙幣が刷新

この記事をシェアする:

財務省は昨日、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新し、2024年度上期から発行すると発表しました。一万円札の肖像画には、日本の資本主義の父とされる実業家の渋沢栄一、五千円札には津田塾大の創始者で女性教育の先駆けとなった津田梅子、千円札には近代医学の基礎を築いた北里柴三郎を用いるそうです。

2024年度に紙幣が刷新されれば、2004年以来(五千円札の樋口一葉、千円札の野口英世)20年ぶりの刷新となります。

また、一万円札の肖像画の変更は1984年に聖徳太子から福澤諭吉に変わった以来となり、40年ぶりに変更となります。

これまでの紙幣の変遷の歴史はコチラのサイト様をご参照下さい。

人類に歴史があるように紙幣にも歴史がございます。

世代によっては、聖徳太子の一万円札を見たことが無い方もいらっしゃると思います。

電子マネー等の普及に伴い、あまり現金を持ち歩く事がなくなった方もいらっしゃると思いますが、

停電時や電子システムのトラブル等が発生した場合、やはり現金があった方が良いと思われる場面もございます。

世の中がどんどん便利な世界に変わっても紙幣はしばらく無くならないと思います。


建設・不動産業ランキング


石川県ランキング


金沢市ランキング